格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

社内で簡単にできる直帰率の改善

前回、Google Analytics 用語解説で解説した通り、直帰率とは、サイト訪問者のうち他のページに移動する事なく立ち去ってしまった方の割合です。

直帰率の調べ方

直帰率の調べ方

Google Analyticsのメニューから、[行動] – [ランディングページ] と進むとページ毎の直帰率が表示されます。

直帰率60% って高いの?低いの?

これは、まずどのように訪問してきてるかによります。
下記に参考値を記載しますが、サイトの種類などによって大きく異なる場合があります。
ECサイトの場合、30〜50%が目安になります。
自然検索から訪問してくる場合、40〜60%が目安になります。
広告からの訪問の場合、60〜80%が目安になります。
ランディングページ(ペライチ)の場合、90%近くになります。

直帰する理由

直帰する主な原因はこれらの事が考えられます。
・次に見るべき情報がわからない
・目的の情報がない。または見つけれない
・ページが見にくい (スマホで見てるけどPCサイトしかない場合など)
・ページが中々表示されない
・目的が達成できた
など様々です。

簡単な改善方法

制作会社に頼まなくても社内で簡単にできる改善方法を紹介します。
コンテンツボリュームを意識する。
見出し・改行・段落を整えて読みやすくする。この際に、スマホでの表示も確認してみましょう。
CMSで利用する写真を適切なサイズを設定する。
ページを読み終わった後に、とってほしい行動によって、関連するページへのリンクやお問い合わせ(お申し込み)ページ等へのリンクを設置する。

その他、スマホ対応や関連記事の表示など、制作会社に依頼が必要な場合は一度相談してみると良いでしょう。


そんなわけでスマホムもブログの一番下に関連記事の表示をはじめました!


この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!