格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

Google検索をもっと便利にする方法

Google検索をもっと便利にする方法

皆さん、ググってますか?(古い…)
Googleの検索には検索が便利になる隠し要素があります。知っていると検索精度が少し上がる痒い所に手が届く検索コマンドをお教えします。

はじめに

google誕生日

こんにちわ。本日誕生日のMr.シュガーです。
皆さん知っていますか?実は自分の誕生日にGoogleにアクセスすると上記のようにGoogleが可愛くお祝いしてくれます。(Googleアカウントログイン時)
是非皆さんも試してみてくださいね。

引用符

“A”

検索語句を引用符「“”」で括れば、“引用符内の語句を順番どおりに含むページ”のみを結果として表示してくれます。

&検索

A & B

AとBの両方のキーワードが言及されているページを表示させます。

演算子

A OR B

通常検索窓に複数のキーワードを入力すると、そのすべてのワードを含むコンテンツが検索結果に表示されますが、入力した語句のなかから1つあるいは複数の語にマッチするコンテンツを表示させたい場合は、ORの演算子(ORは大文字で入力します)を使用して検索してください。

除外

A -B

Aというキーワードが含まれたコンテンツを探したいけど、Bというワードは除外したい場合は、マイナス(-)を除外したいワードの前に付けて検索します。

サイト内検索

A site:https://◯◯◯.com

https://◯◯◯.comのサイト内でAのに関する記事を調べたい。 そんな時に検索窓に「A site:https://◯◯◯.com」と検索することで、 https://◯◯◯.com内の「A」を含むページが検索結果として表示されます。

アスタリスク

*も歩けば棒に当たる

あのフレーズなんだっけ??…なんて時に半角のアスタリスク*を忘れてしまったフレーズに当てはめて検索すると、Googleが予測して検索結果に表示してくれます。

Google検索をもっと便利にする方法

この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!