格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

インターネットで見かける様々なエラーについて

インターネットで見かける様々なエラーについて

インターネットで見かける様々なエラーのユーザー目線での対処法

401 Unauthorixed

認証に失敗した場合に表示されます。 ほとんどの場合、IDとパスワードの入力ミスです。 まれにサーバー側に問題がある場合もあります。

403 Forbidden

アクセス権の設定ミスや、アクセスが集中している場合に表示されます。 アクセスが集中している場合は、しばらく時間を置いてからアクセスしてみてください。 それ以外の場合、Web制作者の設定ミスになります。

404 Not Found

URLのページが存在していません。 詳しくはこちら

500 Internal Server Error

サーバー側に障害が発生しているか、Web制作者のPHPなどのプログラムにエラーがあり可能性があります。

502 Bad Gateway

サーバがリクエストを実行しようとしたら不正なレスポンスを受信した際にでます。

503 Service Unavailable

アクセスが集中しサーバーが混み合っている場合など出る場合があります。

対処法について

難しい言葉が並びましたが、残念ながらユーザーとしてWebサイトを表示しようとしてる場合、時間を置いて試してみるぐらいしか対処法がありません。
自社サイトでこのようなエラーが出る場合、機会損失となってますので制作会社に連絡してください。
403エラーや503エラーのように突然SNSでバズって想定以上にアクセスが集中した場合は、事前準備がなければ制作会社側でもすぐに対応できませんが、その他のエラーはすぐに修正してもらいましょう。

インターネットで見かける様々なエラーについて

この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!