格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

警告間近!SSLに対応していないホームページが今すぐすべき対策

警告間近!SSLに対応していないホームページが今すぐすべき対策

いよいよ間も無く常時SSL化していないホームページに対して、Google Chromeで「保護されていません」という警告表示が開始されます。
今回はそんなSSLについて少し深掘りしてご説明します。

はじめに

以前セキュリティー対策の記事を書きましたが、いよいよ間も無く常時SSL化していないホームページに対して、Google Chromeで「保護されていません」という警告表示が開始されます。
企業の信用問題に関わってきますね。
今回はそんなSSLについて少し深掘りしてご説明します。

そもそもSSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上での通信、例えばメールフォームによる情報のやり取りや、ショッピングサイトにおける個人情報のやり取りをする際の通信を暗号化する技術です。
SSLを利用して皆さんのパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

あなたのホームページ、SSLに対応している?

特にメールフォームやクレジット情報などの重要な情報をやり取りする際、そのホームページがSSLに対応しているかを確認することは、利用するユーザーの為にも大切なことです。
まず自社のホームページをブラウザで開き、アドレスバーのURLをコピーして、メモ帳などに貼り付けて見てください。
SSLが導入されているホームページでは、ブラウザのアドレスバーに表示されるURL「http://」にセキュア(Secure)を表す「s」が付き、「https://」となっているはずです。
もし「http://」と「s」がない場合は至急SSLの導入をお勧めします。

SSLはなぜ必要?

今では当たり前になったネットショッピング。実は同時に悪意のあるネットの犯罪の危険も高まっています。 SSL/TLSを実装して、通信を暗号化することでそれらの第三者による盗聴・改ざんを防ぐことが出来ます。

SSLサーバ証明書とは?

SSLサーバ証明書とは、信頼のおける第三者機関(認証局)が発行する電子的な証明書のことです。
その証明書にはホームページを安全に利用するための3つの機能が備わっています。

1. ホームページの所有者の確認

ホームページの運営者が証明書に表示されているドメイン(サーバ)の所有者であることを証明できます。
それにより、そのホームページに訪問したユーザーは「情報の送信先」を確認し、重要な情報を安心して送ることができます。

2. 通信データの暗号化

これがメインの機能にもなりますが、SSL/TLSを実装することによってブラウザとサーバ間の通信データを暗号化します。
これにより、第三者によるデータの盗聴を防ぎ、データを安全に送受信できます。

3. 改ざんの検出

SSL機能によって、ホームページから送信した内容が悪質な第三者によって改ざんされていないかを検出することが出来ます。

「無料のSSL」と「有料のSSL」の違いは?

基本的に無料でも有料でも「通信の暗号化」「データの改ざん防止」などの機能的な大きな違いはありません。
どちらも同じレベルで大切な情報を守ることができます。

では、有料のSSLを選ぶメリットは何でしょう?

SSLサーバ証明書には
「ドメイン認証」
「企業実在認証」
「Extended Validation(EV)」
の3種類があります。
主に無料のSSLは「ドメイン認証」によるもので、ホームページの所有者が誰なのか検証しないため、なりすまし(フィッシング詐欺)への対策が十分に行われていません。
要するに特に審査がないため、悪質なユーザーも簡単に証明書を発行できてしまうということになります。
それに対して「企業実在認証」「Extended Validation(EV)」は主に有料のSSLになり、選ぶメリットとしては、厳格な審査に通過し、実在性が確認された企業や組織に対して証明書が発行されます。
これは信用という意味では大きな違いがありますね。

無料と有料を使い分ける

証明書の発行は年間を通してコストに大きな違いがあります。
例えば個人レベルでブログなどを運営する場合は、無料でも問題ありませんが、企業やネットショッピングなど個人情報を取り扱う大規模サイトなど信用が大きく関わるホームページは有料を選ぶなど、自社にあったSSLサーバ証明書を導入してください。

警告間近!SSLに対応していないホームページが今すぐすべき対策

この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!