格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

404エラーが表示される時と解決方法

404エラーが表示される時と解決方法

Not Found とか 404エラー が表示されてイラッとした事ありませんか?今回はそんな404エラーが表示される理由と解決方法についてです。

404エラーとは?

Not Found

インターネットで、もっともよく見るエラー画面ではないでしょうか?
意味としては、見ているURLのページが削除やURLの変更で存在していません。
Googleなどの検索結果に古いURLが認識された状態の場合などに起こります。

ページを削除した場合、エラー画面にその旨を記載しつつ、トップページなどへ誘導すると良いでしょう。
何も設定していないと多くの場合、「404 Not Found」という英語のだらけのページが表示されてしまい、せっかくHPを見に来た方の混乱を招いてしまいます。

解決方法(ユーザー編)

ユーザーとして検索したサイトで404エラーと表示されてしまった場合は、手軽な解決法としては、
例えばURLがこのような場合、
https://smahomepage.jp/blog/homepage-is/404error.html
最後の”/(スラッシュ)”より後ろを消してアクセスして見ましょう。
https://smahomepage.jp/blog/homepage-is/
まだダメな場合、
https://smahomepage.jp/blog/
最後は、
https://smahomepage.jp/
として、トップページから情報を探しなおしましょう。

解決方法(サイトオーナー編)

リニューアルなどでURLが変更になっている場合は、新URLに転送する処理を行う必要があります。
適切に新URLへの転送設定を行うことで、旧ページのGoogleからの評価のほとんどを新URLに引き継ぐことができます。不適切だった場合、あらたに評価を受ける必要がありSEO的にデメリットしかありません。
適切に設定が行われていても、検索結果に反映されるまでには時間がかかります。

通常は、サイトの制作依頼時に404エラーぺージまで注文する事は少ないため、制作会社側から説明を行い設定しています。
もし制作会社の作ったサイトマップに載っていなかったり説明がない場合、その会社は要注意です。

滅多に見られることのない404エラーページですが、エラーページの作り方にも受注後にしか明かせない弊社独自のノウハウがあるので気になる方は制作依頼時に担当者に聞いて見てくださいね。

404エラーが表示される時と解決方法

この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!