格安ホームページ制作のことならスマホームページにお任せください。
低コストで高品質なスマホ対応ホームページをご提供します。

ブログ

写真のトリミングにメッセージを込めよう

写真のトリミングにメッセージを込めよう

写真を撮って、ホームページやチラシやパンフレットに使うとき、みなさんはトリミングをしていますか?どんな基準にしてますか?

トリミングって何?

英語ではtrimmingと書きます。trimの名詞形ですね。
trimには「刈り込む」とか「整える」とか「切りそろえる」といった意味があります。
海外で髪を切りに行ったとき、「トリムで」って言わなかったがために、ものすごい髪型になった友人を知っています。
トリミングをすることで、髪型の余分な部分を切り揃えてキレイにするのと同じように、ホームページに使用する写真も、必要のない部分はキレイにカットして、見せたいところをちゃんと見せることが大切になってきます。

見せたいことは何かを整理する

写真をトリミングすることで、イメージが変わる例を見ていきましょう。
まずこれ。

トリミング1

これはフルーツの新鮮さやディテールを伝えたい場合です。特定の部分を大きく使うことで直感や理性に訴えかけ、見ている人に強烈な印象を与えます。

次にこれ。

トリミング2

全体をしっかり見せることで、サイズ感やボリュームを情報として伝えます。全部でどれくらいのフルーツが乗っていて、どんな生地を使っているかなど、スペックを確認して欲しい場合には効果を発揮します。
みなさんのお店の商品は、どこが魅力ですか?

写真には力がある

みさなんのホームページにはキレイで魅力的な写真がありますか?
そしてそれらはちゃんとトリミングされていますか?
写真にはどんな良い文章よりも、認識されやすいという効果があります。みなさんも文字ばかりの本より、写真や画像が添えてある本の方が楽しく、読みやすいと感じませんか?
それは「画像優位性効果」と呼ばれています。写真にはイメージを具現化して伝える力があります。
ただなんとなく写真を載せるのではなく、何を見て欲しいか、何を感じて欲しいかイメージしてくださいね。

写真のトリミングにメッセージを込めよう

この記事を気に入っていただけたらいいね!フォローをお願いします!